英会話初心者の勉強方法 | ここを間違うと失敗する

英会話初心者勉強方法は、教科書・テキストを決める前に、もっと大切な点をふまえる必要があります。

失敗したり挫折しないために、準備することは教材ではありません。

何か新しいことにチャレンジする場合には、行動への相当のエネルギーが必要です。

これまでにいろいろと同じことに挑戦したものの、うまくいかずに挫折したという場合を想い出してください。

そうならないためには、まず夢・目標についてしっかりと自分の中に、意識を植え付けましょう。

夢・目標が実現した場合のあなたを想像してみてください

英語を不自由なく聞き取れ、話しのできる状態はとても感動的でしょう。

好きな洋画のDVDを自宅で、字幕なしに理解し、内容を楽しめている光景

外出先で困っている外国人旅行者に、こちらから話しかけて感謝され、手助けできた喜びの光景

外国人の友人ができて、楽しく会話をしている光景

海外旅行で景色や食事を楽しみながら、現地の人たちと楽しく会話している光景

ホームステイ先で、ホストファミリーとあいさつだけでなく、もっとお互いを知りあったり、友情を深めている光景

職場の外国人スタッフと英語で不自由なく意思疎通が図られ、周りからの評価もグーンと高まり頼りにされている光景

海外出張が不安なくこなせて、海外の友人も増えて、充実した毎日を送る光景

苦手だったリスニングやスピーキングの資格試験や就職試験に自信をもって臨んでいる光景

その他、あなたなりの夢・目標が実現したときの光景を、思い浮かべてください。

そして、その光景をできるだけ具体的に、ありありとイメージしてみます。

そして次に、夢や目標を、実現可能なレベルに設定するのです。

1か月後、3か月後、半年後、1年後あたりで考えてみてください。

いつになるか分からない、結局先延ばししてしまう淡い夢や目標ではいけません

ありありとイメージできるレベルまでを、当面の焦点にしましょう。

次に、そこに到達するまての道程を考えてみてください。

一つは、段階を追って到達するように、小目標に落としていきます。

1年がかりのものだと、現在のレベルとは相当ギャップがあると思います。

そうすると、目標だけ明確でも、いつまでたっても到達しないかもしれません。

富士山に登るにしても、どのようなルートで何日かけて行くのか、高山に登るための体力トレーニングや準備はどうするかとか、いろいろと考えますよね。

また、プロのスポーツ選手は、1年間のスケジュールを考えて、シーズンオフの過ごし方、体力づくりなど、だんだん本番に備えていきますね。

このように、具体的に目に見える何かに挑戦する場合は、計画性をもって段階的に準備していくと思いますが、目に見えにくいものはちょっとやっかいです。

だから、目標を実現するために、現実的なステップを考え、それそれのステップに向けて、準備をすることが大切です。

そしてさらに、細分化します。

それは、具体的に1日の行動・作業課題を作成することです。

毎日取り組むか、平日か、あるいは土日休日か。

取り組む日には、どんな時間帯とか状況で取り組むか。

つまり、その日の日課にするわけです。

あなたは以前に、受験などを体験したことと思いますが、どうしたでしょうか

ある程度まで具体的な計画表を作ったと思います。

もっとも、完全に遂行できただめしはなかったかもしれませんが。(笑)

つい、無理なものになってしまいますね。

でも、計画はやっていくうちに、現実と照らし合わせて、柔軟に変更してもよいと思います。

ストレスがたまって、ブレーキになっては、本末転倒ですから。

それでも、現実的な目標と、具体的日課ができれば、あとは実行するのみです。

着実に進めれば、多少計画とは異なっても、開始した日からは、必ず進歩が伴います。

1週間、1か月単位でふり返ってみると、きっとそのときよりも「分かってきた」「聞き取れた」となっていますよ。

 

五感で学ぶ
日本人は、勉強熱心で、知的能力が高いのに、英会話の実践能力が低いと言われます。

やはり苦手意識の強い方が多いですし、アジアの中でも低いと言われます。

知的能力が高いのに、英会話能力が低いという、奇妙な現実です。

そこで、英会話の勉強を進めるに当たって、一つの提案です。

ズバッと表現すると、「頭」で「知的理解」するのでなく、「五感」で「身に付ける」ことです。

もちろん、必要な程度の頭での知的理解は求められますが、まず発想として、それを捨ててください。

五感で身に付ける、と言っても、いったいどんなことなのか、ピンと来ないかもしれません。

例えを挙げると、イメージしやすいと思います。

一つは、日本の伝統的な習い事です。

お茶や生け花、踊り、古武術、等など。

それらは、専門的になると、一つの修行ということになります。

よく「道」という言葉を使って、「道を追求する」とか「道を究める」とか言います。

「行」という言葉が使われていますが、これは頭で知的に理解するのでなく、身体の行いを通して体得するという意味が含まれています。

例えば、行の典型として、僧侶の修行がありますが、毎日の身体を使う日課があり、それらにひたすら励んでいます。

坐禅なども、そうですね。

あるいは、江戸時代あたりからの伝統のある古武術。

そのような伝統の中で暮らす方たちは、毎日、ひたすら稽古に励んでいます。

頭で考えるのでなく、身体で身に付けようとしているわけです。

いずれにしても、特徴は、毎日、五感を使って実践し、求めるものを身に付けようとしていることです。

守破離」という言葉があります。

ウィキペディアでは、このように説明されています。

「日本での茶道、武道、芸術等における師弟関係のあり方の一つ。日本において左記の文化が発展、進化してきた創造的な過程のベースとなっている思想でもある。
まずは師匠に言われたこと、型を「守る」ところから修行が始まる。その後、その型を自分と照らし合わせて研究することにより、自分に合った、より良いと思われる型をつくることにより既存の型を「破る」。最終的には師匠の型、そして自分自身が造り出した型の上に立脚した個人は、自分自身と技についてよく理解しているため、型から自由になり、型から「離れ」て自在になることができる。」

英会話を身に付けることを、日本の芸道と同じに考えることは、もちろんできません。

でも、いくつかのヒントを手に入れることは、できそうです。

実践の中で身に付けること、そして「習うより慣れろ」です。

「習うより慣れろ」は「故事ことわざ辞典」では、以下のように注釈されています。

「あらたまって人から教えてもらうより、実際に経験を積んだり練習を重ねたりして、体で覚えていくほうが、しっかりと身につくという意味。」

このように置き直せば、英会話を身に付けることと、つながってくると思います。

英会話では、毎日、聴くこと・話すことです。

そして、ネイティブを、身振りからイントネーションまで、できるだけ真似ること。

英会話も、五感で身に付けましょう。

おすすめの記事